本文へスキップ
トップページ 会社概要 ザ・キラリン
〜社長の宝物〜
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
R3節分(豆まき)

 
 令和3年2月2日(節分の日)に、年男、年女の社員が豆まきを行いました。今年の恵方「南南東」に向かって願い事を思い浮けべながら太巻きを丸かじりしました。

 また、今年初めて.玄関に柊鰯(下記参照)を飾りました。


 

柊鰯
 柊鰯
(ひいらぎいわし)は、節分魔除けとして使われる、の小枝と焼いたの頭、あるいはそれを口に挿したもの。西日本では、やいかがし(焼嗅)、やっかがし、やいくさし、やきさし、ともいう。


 概要

柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、また塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らないと言う(逆に、鰯の臭いで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目をさすとも説明される)。日本各地に広く見られる。

               
                            出典
: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




節分の写真でご覧ください



↑ 戻る


<令和3年>
社屋外壁色変更
R3節分(豆まき)
北筑ファーマー

<令和2年>

<令和元年>

<平成31年>

<平成30年>

<平成29年>

<平成28年>


<平成27年>

<平成26年>

<平成25年>

<平成24年>

<平成23年>

<平成22年>