トップページ 会社概要 ザ・キラリン
〜社長の宝物〜
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
心の散歩道

 ■「人間の身体」
 人間の身体は実に合理的に出来ています。二本の手足と五本の指で、他の動物には真似できない、どんな細かい作業もこなすことができます。けれど、不便な時もたまにあります。たとえば背中がかゆい時、自分の手では上手に背中をかくことがなかなかできません。両手いっぱいの手荷物を運んでいる時には、扉の開け閉めに手間取りますし、物を落とした時などは、どうやって拾えばいいのか少し考えたりもします。
 
 実はこの身体は、ただ自分のために使おうとすれば、全体の半分程度しか能力を発揮できないようです。
 では、自分以外の人に対しては
どうでしょうか。背中がかゆい時
 

は、かいてあげられる。物を落と
したら拾ってあげる。手を貸す、
肩を貸す、代わりに見てあげる等々・・・
 身体は、人のために使ってこそ、百パーセントの能力を発揮できるのです。
 神様は、人間がお互いにたすけ合って陽気に暮らせるように、この身体をつくって下さいました。
 この世界は、多くの人がいて初めて成り立ちます。身体の構造そのものも、人間がお互いにたすけあうことを目的に造られているのです。
 ひとりで生きるのではなく、人を頼りにしながら、人をたすける。
 互いたて合いたすけあいの生き方をすることが、この身体の本来の使い方なのです。


 ■生かされている
 
 人は 海の満潮の時に生まれ
 引き潮の時
 

 息を引き取るといいます

 海水の塩分と
 身ごもった母親の

 羊水の塩分は
 同じ1.6%の濃度
 一分間の人間の呼吸の回数は 約18回
 海の波の打ち寄せる回数と ほぼ同じです
 
 人は 大自然の不思議な営みの中に
 生を受けて 生まれ出で 生かされているのです

 また 人は 生きていくために
 他の動物の命を頂いています
 植物と水・太陽の恵みによって
 生きていくうえで不可欠な酸素を頂き
 吐いた二酸化炭素を
 再度 植物が 酸素へと変えてくれます

 人は「生きている」のではありません
 大自然の 不思議な そして 
 大いなる働きの中に 包まれ 抱かれ
 「生かされている」のです

 「生かされている」存在だということを知り
 大自然からのあたえを喜び
 慎みと感謝の心で暮らされていただく
 今 一番必要な事だと思います

 ■ささえ
 人間は 自分の力だけで
生まれてくるのではありません

とりあげてもらい へその緒切ってもらい
産湯にいれてもらい 初着を着せてもらい
お母さんのお乳をもらって 育っていきます

 「だれの力も借りずに大きくなった」
 

という人がいますが

本当は 両親や多くの人たちのお蔭で
育てられ 成長してきたのです
 
 人は 多くの人に 支えられ 助けられて
生きているのです
一人前の人間に育てていただいた今
少しでも多くの人の支えになっていきたいと思います。

前のページ|Page 2/2|

↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編

 心の散歩道
  ・平成23年11月
  ・平成23年10月
  ・平成23年9月
  ・平成23年8月
  ・平成23年2月
   ・平成23年1月
  ・平成22年12月
  ・平成22年11月
  ・平成22年10月
  ・平成22年9月
  ・平成22年8月


 ジョークは地球を救う