?
 
トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
 令和2年6月1日の社長訓話です。


 皆さんお早うございます。

 第2回のジグソーパズルの表彰(ひょうしょう)をします。今回は趣向(しゅこう)()らしまして、一和△さんですが残念ですが4位です、早ければいいというものではないということです。2番は青◇さんです3位です。3番は池▲さんですが、今回は優勝(ゆうしょう)です、おめでとうございます、ラッキーでしたね、パチ パチ パチ パチ。4番○(ふじ)さんですが準優勝です、パチ パチ パチ。彼女((よね)●さん)はしぶといですね、何か商品をゲットしています、(ころ)んでもただでは起きないたくましさがあります。5番はドベで5位です◇本修◆さんです。2000ピースものジグソーパズルは初めてで、時間は掛かりましたが、「久しぶりに、夫婦(ふうふ)の共同作業の時間を持つことが出来ました」と喜んで言い訳してました。

 先月から取り組んでいる、“無神経(むしんけい)・いじめ行動をなくして、気配(きくば)り・思いやり行動を実践(じっせん)しよう”運動ですが、一ヶ月間毎日ノートに書き込んで見て下さい。意識して、努力して、習慣づけて、少しずつ“気配り・思いやり行動”を増やし、“無神経・いじめ行動”を少しずつ減らしていって下さい。ハラスメント(パワハラ、セクハラ、モラハラなど)は、意識してなくてやっているケースが大半(たいはん)ですから、意識して気をつけることが大切です。無意識の内にやっている訳ですから、(つみ)の意識がありません。罪の意識がないから反省(はんせい)しません。反省しないから(なお)りません、ずーっと。どこかで(あらた)めるきっかけが必要です、気付(きづ)かせる機会(きかい)がいります。この“ノート”で()わるん“です”、改めるん“です”、()くなるん“です”、このノートを「ですノート」と呼んでください。ラストチャンスですから、ファイナルアンサーしてください。

 思いが変われば、心が変わる。心が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格(じんかく)が変わる。人格が変われば、運命(うんめい)が変わっていきます。全ては自分の思い、心づかいに(たん)(はっ)ています気張(きば)りましょう。

思うから行動するのです、例えば、ラーメンが食べたいなと思ったから、うどん屋に行くのです。オシッコがしたいなと思ったから、うどん屋に行くのです。

 (ねが)うから(かな)うのです(宝くじは買わないと当たらないのです)、願わないでボーっと生きてんじゃねーよ願わないのに叶うのが”タナボタ((たな)からぼた(もち)、願って努力して頑張って叶うのが七夕(たなばた)」。             間違いない

 世界中で猛威(もうい)()るっている新型コロナウイルス肺炎(はいえん)は、秋以降にはより強烈(きょうれつ)な第2波、第3波が()(ねん)されています。ワクチン開発(かいはつ)医療体制(いりょうたいせい)整備(せいび)急務(きゅうむ)ですが、それだけでは()まされません。地球上には、未知(みち)病原体(びょうげんたい)無数(むすう)(そん)(ざい)します。しかも彼らは頻繁(ひんぱん)変異(へんい)します。医薬品(いやくひん)と病原体との競争(きょうそう)は、流行(りゅうこう)のたとえでいえば「(あか)女王(じょおう)効果(こうか)です。両者(りょうしゃ)全力(ぜんりょく)()(つづ)けないと世界は成り立ちません。それだけでも(つか)れるのに、人の(いき)づかいやぬくもりを遮断(しゃだん)する(あたら)生活(せいかつ)様式(ようしき)」を推奨(すいしょう)されると絶望的(ぜつぼうてき)なります。新しい魅力的(みりょくてき)な生活を実現(じつげん)するまでの緊急(きんきゅう)避難(ひなん)であり、時限的(じげんてき)なものでないといけません。

 大病疫(だいびょうえき)人類(じんるい)歴史(れきし)とともにあります遠因(えんいん)は、都市の成立など濃密(のうみつ)な社会生活の到来(とうらい)と、これに(ともな)自然(しぜん)破壊(はかい)が、ペスト、コレラ、ジカ熱、デング熱、ポリオ、強力なインフルエンザなどを覚醒(かくせい)させ拡散(かくさん)させてしまったことにあるといわれています。

 薬(くすり)医療(いりょう)対症(たいしょう)療法(りょうほう)です。どんなに進歩(しんぽ)しても病原体は赤の女王のように追いついてきます。対症療法は重要(じゅうよう)ですが、やはり大元(おおもと)原因(げんいん)対処(たいしょ)しなければ、本質的(ほんしつてき)解決(かいけつ)にはなりません。

 地球は生まれてから48億年(おくねん)たちます。人類は、20世紀からのわずか100年(きょう)の間にその数を3倍以上に増やしました。しかも、破壊力抜群(はかいりょくばつぐん)の機械や技術を持っているので、地球が数十万年(すうじゅうまんねん)単位(たんい)(きず)いた自然を短時日(たんじじつ)(こわ)し続けてきました。

 ジャングルや草原(そうげん)(かいちゅう)水辺(みずべ)でお互いに命を支えあっていた生物連鎖(せいぶつれんさ)一瞬(いっしゅん)(くず)れてしまいました。バランス良く()()けていた動植物(どうしょくぶつ)微生物(びせいぶつ)()()(うしな)い、滅亡(めつぼう)するか(そと)()()されてしまいました。未知の病原体もそうです。

 人類(じんるい)はまさにパンドラの箱を開けてしまったのです。最近まで、地球環境問題(ちきゅうかんきょうもんだい)深刻(しんこく)に取り上げられてきましたが、そのデリバティブ(派生(はせい))が新型(しんがた)コロナにほかなりません。企業も人も、地球と共生(きょうせい)していくことが持続的(じぞくてき)繁栄(はんえい)前提(ぜんてい)です。そのためには、莫大(ばくだい)手間(てま)資金(しきん)とそれを実行(じっこう)する勇気(ゆうき)が必要ですが、それなしでは私たちの未来(みらい)(くら)いでしょう。

 しかし楽観的(らっかんてき)に考えてみるとすれば、日本は、SDGs持続的(じぞくてき)開発(かいはつ)目標(もくひょう))の実現(じつげん)に力を入れています。これが単なるスローガンであるか(いな)かが今こそ問われています。新しい生活様式とは、SDGsを(じっ)(しつ)()した姿(すがた)(ほか)なりません。

 通信(つうしん)インフラが(ととの)いテレワークが広がっていますが、決まった作業(さぎょう)講義(こうぎ)であれば、オンラインで(じゅう)(ぶん)()わりは()くでしょうが、新しいビジネスに挑戦(ちょうせん)するといった創造的(そうぞうてき)な仕事がテレワークだけで成立(せいりつ)するでしょうか。ネット空間(くうかん)は自分に()た考え方のばかりが集まり、創造的な行為(こうい)()かせない異質(いしつ)存在(そんざい)意見(いけん)排除(はいじょ)しがちになります。そもそも通信回線(つうしんかいせん)がパンクすれば、オンラインを前提にした仕組(しくみ)みは(くず)れてしまいます。人は移動して直接(ちょくせつ)(あつ)まり、他人とコミュニケーションを取ることで自由を(そだ)ててきました。通信の自由いくら進んでも、人が集まって(かた)()行動(こうどう)(とも)にする自由の替わりにはなりません。人と人とのふれあいには(ぬく)もりがありますが、オンラインには空虚(くうきょ)(つめ)たさがあります。SS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)では誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)氾濫(はんらん)しています。人は、名前も分からない、顔も見えないと、大胆(だいたん)過激(かげき)になります。自分を匿名(とくめい)という安全圏(あんぜんけん)に置いて他人(たにん)批判(ひはん)するのは卑怯(ひきょう)です、最低(さいてい)です((もも)太郎(たろう)(ざむらい) “てめ~たちゃ人間じゃね~” みたいな)。コミュニケーションは、顔と顔を()()わせて、目と目を見据(みす)えて、つばきを()ばし()いながら(かた)()うのが原点(げんてん)です。密集(みっしゅう)密接(みっせつ)は、人間の歴史の中で育ててきた数ある自由のうち最も根底的(こんていてき)なものです。恋人たちはどうすればいいんでしょうか、(はな)れている時間が結びつきの強さを(ため)すことになるのではないでしょうか(ピンチかチャンス。ヤバイかラッキー。マズイかウマイ。ラーメンかウドン)

 

 感染予防でマスクを掛けていますが、今から気温が上がると大変です、マスクの形で汗疹(あせも)ができますよ。夏にマスクは似合(にあ)わないでしょう。夏に(もち)()いて食べますか? 冬に西瓜(すいか)は食べないでしょう(不美人な人のことを“夏の火鉢(ひばち)”と言います、そのこころは“誰も手を出さない”)

 マスクをして運動すると呼吸困難になりますよ、熱中症にも気をつけましょう。

 夏の感染(かんせん)予防(よぼう)の一番は、免疫力(めんえきりょく)を高めることです。

 免疫力のトップは睡眠(すいみん)です。人間には1日周期(しゅうき)でリズムを(きざ)む「体内(たいない)時計(どけい)」が(そな)わっており、意識しなくても日中(にっちゅう)はカラダと心が活動(かつどう)状態(じょうたい)に、夜間(やかん)休息状態(きゅうそくじょうたい)に切り替わります。体内時計の働きで人は夜になると自然な眠りに(みちび)かれます。体内時計は毎朝太陽の光を()びることでリセットされ、一定のリズムを刻みます。20分程度の昼寝は夜の良質な睡眠に効果的(こうかてき)です。惰眠(だみん)をむさぼっているような人は、副交感神(ふくこうかんしん)(けい)優位(ゆうい)にあり、免疫システムがしっかりしています。

 免疫システムの大敵(たいてき)はストレスです。(なや)んだり()にしないことです。苦にすると、コルチゾールというストレスホルモンの分泌(ぶんぴつ)(うなが)すんです。コルチゾールが出ている間、免疫システムがシャットダウンされちゃいます。

 体の中には善玉菌もいれば悪玉菌(あくだまきん)というのもいます。この悪玉菌が完全に悪と思うのは間違いで、悪玉がいないと免疫システムがサボっちゃいます。体の内外にはありとあらゆる雑菌(ざっきん)やウイルスが()()いているわけですが、それは外敵(がいてき)でも寄生体(きせいたい)でもなく共生者(きょうせいしゃ)といえます。これを無理やり一方的に排除(はいじょ)すると、一見(いっけん)きれいになるように見えるけど、未知の悪者(わるもの)が来ちゃう可能性(かのうせい)があります。あまりに除菌(じょきん)しすぎると、体を守ってくれていた味方(みかた)の菌まで(のぞ)いてしまうことになります。

 

 在宅勤務(ざいたくきんむ)外出(がいしゅつ)自粛(じしゅく)で、在宅で見つめ直した日常(にちじょう)があります。自分の「内」と自分の「外」、家の「内」と家の「外」というイメージです。内と外がうまくバランスがとれていると問題がないけれど、「外」に(たよ)りすぎていると「内」に持っているものに気がつかなくなります。

 例えば、両親(りょうしん)裕福(ゆうふく)だから、息子(むすこ)がそれに頼ってしまい努力しないで何事も長続(ながつづ)きしない。何度も(てん)(しょく)しては数ヶ月で(いや)になり、()めてしまう。家に住んでおこづかいもついあげてしまうのが良くないと思うのだが・・・。頼るものが外にあると、つい頼りたくなるものです。その息子さんも自立する力は持っているのでしょうが、両親がしてくれるとその力に頼って、自分が持っている力に気付かずに親に依存(いぞん)してしまうのでしょう。3(みつ)()ける自粛要請(じしゅくようせい)がされている中、営業を続けるパチンコ店に行列(ぎょうれつ)する人たちが、インタビューに答えて、「家にいて退屈(たいくつ)ですることがないから、やっていれば来る」と話していました。「外」に頼るものがあれば、それに頼るということです。

 私たちは「外」にあるものに頼りがちです。便利だし、面倒(めんどう)手間(てま)(はぶ)けることが多い。外の楽しみは、自分の力ではできないもっとスケールの大きな楽しみ提供(ていきょう)してくれます。映画もライブも、スポーツクラブも、旅行も遊園地のアトラクションも、レストランでの食事も、すべて自分ひとりではできない楽しみばかりです。

 では、それがなかったり、わずかしかない場合はどうすればいいのでしょうか。外にある楽しみを得られない時です。その時は、この生活でできることを(つく)りださななければなりません。

 外に出ず、内でできる楽しみを、自分の内に持っている力で創りだすことは、コロナ後の「新しい生活様式」のテーマになるのではないでしょうか。
 ボーっとしてないで、ジックリ考えてみましょうかね皆さん。そこんとこ よろしく!



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話
  ・令和2年8月31日
  ・令和2年7月31日
  ・令和2年6月30日
  ・令和2年5月29日
  
・令和2年4月28日
  ・令和2年3月31日
  ・令和2年2月28日
  ・令和2年1月31日
  <令和元年>
  <平成31年>

  <平成30年>
  <平成29年>

  <平成28年>
  <平成27年>
  <平成26年>
  <平成25年>
  <平成24年>
  <平成23年>
  <平成22年>

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う