?
 
トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
 令和2年4月1日の社長訓話です。


 皆さんお早うございます。

 U.TOORUさんO.TAKASIさんお誕生日おめでとうございます。

N.KYOUKOさんが36日に無事出産されました。双子(ふたご)の男の子ということで、これで多分、日本の少子化(しょうしか)の問題は解決したのではないでしょうか。

新年度が始まりました。去年一年間は、前期が赤字だったことで、皆さんに無理やご苦労を()いた一年でしたが、お陰様(かげさま)で黒字に回復(かいふく)することができましたラッキーな面もありましたが((うん)実力(じつりょく)(うち))、皆さんの(すぐ)た技術とたゆまぬ努力の賜物(たまもの)と感謝いたします、ご苦労様でした。

6年前も赤字を出して、次の年Ⅴ字回復しましたが、今回も同じ(あやま)ちを(おか)してしまいました。この現実を充分に反省して、原因を分析(ぶんせき)して対策を()って歴史を()(かえ)さないように、調子に乗らずに、慎重(しんちょう)()大胆(だいたん)(つと)めたいと思います。

業績(ぎょうせき)が良くなりましたので、ご褒美(ほうび)として昇給(しょうきゅう)致します。

まずは、7年()りに幹部(かんぶ)抜擢(ばってき)します。M.MAKOTOさん、K.KOUZOUさん、W.RYOUさんです、役職は工事主任です。一言喋(ひとことしゃべ)らなくて結構(けっこう)ですから、おめでとうございます、パチ パチ パチ パチ パチ。これに(ともな)って、先輩(せんぱい)幹部方々(かたがた)昇格(しょうかく)致します。

家族(かぞく)手当(てあて)を上げます。0歳から3歳までを1万円に、4歳から6歳までを1万5千円に、小学生から上は現状(げんじょう)(どお)りです。当然これに伴って、貴族(きぞく)手当(てあて)を上げます、2万円です矛盾(むじゅん)が生じないように配偶者(はいぐうしゃ)手当も上げます、2万円です。

有給休暇推奨日(ゆうきゅうきゅうかすいしょうび)(もう)けます、プラス3日です。創立記念日(そうりつきねんび)の9月3日を特別(とくべつ)休暇(きゅうか)と致します。誕生日休暇(特別休暇)と合わせて、サプリメント休暇で活用して下さい。

女性現場参画手当(じょせいげんばさんかくてあて)を上げます。女性を優遇(ゆうぐう)()ぎてないかと批判(ひはん)もありますが、()えて女性にこの業界に参画してもらって、労働人口不足(ろうどうじんこうぶそく)解消(かいしょう)てもらいたいと思います。

私たち建設業の工事会社は、現場作業での肉体(にくたい)労働(ろうどう)が中心です。現場作業は3K(さんけー)と言われて、きつい・(きたな)い・危険(きけん)職業(しょくぎょう)です。人間は生まれ持っての性別(せいべつ)があります(大半(たいはん)は?男性か女性に生まれます)。妊娠出産(にんしんしゅっさん)授乳(じゅにゅう)が出来るのは女性だけで、男性にはその機能(きのう)はありません。また、男性ホルモン・女性ホルモンの量の差で体毛(たいもう)筋肉(きんにく)の量の違いにより、外見(がいけん)にも違いがれます生物学的(せいぶつがくてき)特徴(とくちょう)ゆえに、男性は女性に比べて体が大きく頑強(がんきょう)で、原始時代(げんしじだい)には男は外に出て()りをして、女は留守(るす)の家(洞窟(どうくつ)?)を守っていたので、現代においても男は外の仕事や力仕事に向いている。一方、女性は生物学上の特徴ゆえ、男性より体が弱いから家庭内の仕事に向いており、更に妊娠出産機能があるから母性(ぼせい)があるし、家事(かじ)育児(いくじ)介護(かいご)など人のお世話に向いている。「男女(だんじょ)平等(びょうどう)」であっても、“男女(だんじょ)同体(どうたい)”ではないのです。

時代は変わって、「生物学的性差(せいさ)=自然な役割(やくわり)」と必ずしも言えない現実があります。

只、()不向(ふむ)きや得手(えて)不得手(ふえて)は当然ありますから、女性が外の仕事や肉体労働に参画し(やす)いように、男性は心を大きく広く持って応援(おうえん)しようではありませんか。女性のチャレンジする心意気(こころいき)と勇気に対して現場参画手当を支給(しきゅう)します。

昨年から始まりました有給休暇取得(しゅとく)義務(ぎむ)5日以上。前期は全員5日以上取得致しました。今期も全員(ぜんいん)達成(たっせい)出来るように計画して行きます。

今回から「前振(まえぶり)」というのを取り入れます。今まで採用(さいよう)していた振替(ふりかえ)は、日曜日出勤を残しておいて、平日に休んだ時に相殺(そうさい)するやり方ですが、「前振」は振替の逆で、平日休んだのを残しておいて、休日(土曜日、祝日、日曜)出勤した時に相殺します

残業(ざんぎょう)休日(きゅうじつ)出勤(しゅっきん)奨励(しょうれい)します。休みが多くなってきますと、収入(しゅうにゅう)が変わらずにお金を使う機会(きかい)()えますから、経済的に苦しくなる(かた)が出てきます。考え方、生活の仕方は人それぞれですから、休みが多いより働いて給料が多い(ほう)がいいと言う方は、残業・休日出勤どんどん働いて構いませんから(過労(かろう)とならない程度に)申し出て下さい。

愛好会(あいこうかい)・ボランティア奨励します。やはり余暇(よか)()ごし(かた)として有効(ゆうこう)なのは“愛好会”だと思います。気の合う人と好きなことをすると時間の()つのも忘れてしまいます。お金も()からず、楽しめて、充実(じゅうじつ)した気持ちになれます、最高です、間違いない。

麻雀(まーじゃん)大会をやろうと思っています。麻雀はコミュニケーションを良くするのには持って来いです。

今月は、ジグソーパズルコンテストを復活(ふっかつ)させます。今のように、外出自粛(がいしゅつじしゅく)や引きこもり推奨(すいしょう)時期(じき)には最適(さいてき)なゲームじゃないですか。(まど)()けて、(ひと)りで黙々(もくもく)と打ち込めば、完成(かんせい)した時には、ウイルス退散(たいさん)しててもいいコロナではないでしょうか。

 

私は、3日前に夢を見ました。本館(ほんかん)の2階フロアーに、本館・別館(べっかん)ともども皆んなが集まっていました。

フロアーの(かべ)を取り払って、オープンにして、(かぜ)(とお)しの良い、意思(いし)疎通(そつう)が出来て、コミュニケーション豊かな環境(かんきょう)を作って、人の動きをスムーズにして、無駄(むだ)の無い(よど)みの無い工事管理が出来ればいいかなと考えます。

働く時間が少なくなり、休みが多くなり、有給休暇の取得も増え、技術者(ぎじゅつしゃ)が少なくなり、経験者(けいけんしゃ)も減っていく中で、安全を守り、品質を確保(かくほ)して、生産性(せいさんせい)を上げ、効率化(こうりつか)(はか)り、原価率(げんかりつ)を下げるのは大変な作業だと思いますまずは、環境の改善(かいぜん)から始めてみましょう。

 

新型コロナウィルス感染(かんせん)(かく)(だい)で、世界は大混乱(だいこんらん)見舞(みま)われています。世界(せかい)規模(きぼ)で感染拡大防止措置(ぼうしそち)()られています。各国では「非常(ひじょう)事態(じたい)宣言(せんげん)」を出し、世界は「ウィルス世界大戦」に突入(とつにゅう)しました。いつまでウィルス戦争は続くのか特効薬(とっこうやく)が出回るのが来年の3月頃と言われているので、その頃になってやっと感染拡大に歯止(はど)めがかるのでしょうか、まったく予測(よそく)が付きません。

ウィルスによる「コロナショック」も大変ですが、長引くことによる「コロナ不況(ふきょう)」も深刻(しんこく)です。“明けない夜はない”・“止まない雨はない”でしょうから、いつかは終息(しゅうそく)するのでしょうが、「コロナ後」の世界はどうなるのでしょうか・・・・・?

2020年の「非常事態」を何としても()(しの)び、()()びることは大切ですが、何でこのような事態が起きたのでしょうか。近年(きんねん)気候(きこう)変動(へんどう)、昨年の自然(しぜん)災害(さいがい)、今回の疫病(えきびょう)など、グローバリズムでの大困(だいこん)(なん)は何が原因で起きてるのでしょうか 何の理由でこんなに人類(じんるい)(こま)らせるのでしょうか?

宇宙・地球の創造主(そうぞうぬし)である大いなる力・神様からの(ばつ)ではないでしょうか。「ノアの方舟(はこぶね)」の大洪水(だいこうずい)のような、人類(じんるい)(おか)した(つみ)に対する(しゅ)(いか)りではないでしょうか。

森林(しんりん)伐採(ばっさい)海洋(かいよう)汚染(おせん)環境(かんきょう)破壊(はかい)地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)食品(しょくひん)ロスなど、地球に対する人間の勝手(かって)()()いへの警鐘(けいしょう)ではないでしょうか。人類の叡智(えいち)と科学に過信(かしん)して、人間の欲求(よっきゅう)(おもむ)くままに地球を支配しようとした傲慢(ごうまん)さに対する警告(けいこく)ではないでしょうか。

世界で一番貧しい大統領と呼ばれた“ホセ・ムヒカ”さんが()られます。南米・ウルグアイの大統領です。「国を(おさ)める者の生活はその国の平均でなければいけないんだ」「大統領というのは多数派(たすうは)が選ぶのだから、多数の人と同じ生活をしなければいけないんだ。国民の生活レベルが上がれば自分もちょっと上げる、少数派(しょうすうは)じゃいけないんだ、そうしないと自分を支えてくれた人の気持ちが見えなくなるんだ」。大統領の月収(げっしゅう)は1万ドルでしたが、このうちの90パーセントを寄付(きふ)して、国民の平均所得(へいきんしょとく)に近い月1000ドル強で生活していました。大統領官邸(かんてい)には住まず、農家に住み、農場の花の世話をしたり、野外(やがい)で仕事をしていました。

持続(じぞく)可能(かのう)開発(かいはつ)目標(もくひょう)(SDGs)の会議でのムヒカ大統領のスピーチです。

私は、豊かさを最も大切に思う人々に(たづ)ねたい。インドの全家庭が、ドイツ人の各家庭が持っているのと同じ数の自動車を持つようになったら、インドだけでなくこの地球はどうなでしょうか、たぶん、私たちが呼吸(こきゅう)できる酸素(さんそ)が足りなくなるでしょう。貧困(ひんこん)飢餓(きが)に苦しんでいる人たちが、先進国(せんしんこく)の人たちと同じレベルの生活をしたとすれば、どうなると思いますか、たぶん、水と食料が不足するでしょう。今、先進国の人たちは、貧困や飢餓の人たちを(すく)いたいと言ってますが、それが実現すると大変なことになります。地球の資源(しげん)には限りがあるのですから、先進国の皆さんは、使(つか)()てや浪費(ろうひ)を止めて、生活レベルを下げて下さい。

(まず)しい人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限(むげん)(よく)があり、いくらあっても満足しない人のことだ」。

「パンデミック」()只中(ただなか)、ウィルスの感染拡大で、外出を(ひか)え家の中にいることが、ストレスになるという声を聞くことが多くなりましたが、外からの刺激(しげき)を受けて動く感覚(かんかく)ばかりが良いのではなく、家の中でずっと過ごすこともまんざらでもないですよ。

スポーツジムに行かなくっても、タオル一本あればそれを使って体を伸ばしてストレッチすることはできるし、水を入れたペットボトルがあればダンベルがわりになる。腕立(うでた)()せも腹筋運動(ふっきんうんどう)もヒンズースクワットもたたみ一畳(いちじょう)あればできます。掃除機(そうじき)を使ってストレッチもできるし、音楽をかけて台所に立つと背伸(せの)びしつつアキレス(けん)ストレッチなどを楽しめる。昔には、「ぶら下がり健康器」や部屋で走る「ルームランナー」がありました。これを機会(きかい)に、心を外でなく内に向けて見るのもいいのでは。小さな(まど)から外を見る、風を(はだ)で感じる、鳥の声きく、雨の音をきく、自分の呼吸を感じたり、自分の心が不安でふりまわされていないかと問いかけたり、そんなひとときは外出していたら決して手に入らないものです。じっくり読書ができるし、長時間手をかけないとできない煮込み料理を作ったり、お菓子を作ったりするのも家ごもりならではでしょうこんな状況(じょうきょう)でも、気持ちをすさませることなく、心豊かに()ごすすべを自分なりに工夫(くふう)するのは、とても創造的(そうぞうてき)な気分になれるのではないでしょうか。

このパニックの状況で、アメリカで(じゅう)が売れているそうです。新型コロナの影響(えいきょう)略奪(りゃくだつ)が起きるのではという不安や、アジア系の容姿(ようし)がヘイトクライムの対象(たいしょう)なるのでは、という(おそ)れがその背景(はいけい)にあるらしい。不安に陥った時、最も問題のあ対処法(たいしょほう)は、それをないものとして目をそむけてしまうことです。例えば、アルコールを飲んで、つらいことや不安をまぎらわして忘れようとするようなやり方です。飲んだ一瞬(いっしゅん)は忘れるが、さめるとまた(さら)に不安におそわれる。そして次第に依存(いぞん)(おちい)ってしまう、最悪(さいあく)です。自分の力ではどうにもならない状態になったとき、いかに心を(たも)つかの良い方法は、「自分の身だけを守ろうとすると不安になる。でも人の命を守ろうとすると不安が消える」ということです。一日24時間のすべてを不安でぬりつぶすのではなく、不安が入り込めないようなひとときをつくり、自分のできること、自分以外の人を助けることに集中することが、不安に()ない手立(てだ)てです。

“ピンチをチャンスに” “(わざわ)(てん)じて(ふく)となす”

私は、この時期、ゴルフ練習場で、毎日、密室(みっしつ)でない屋外(おくがい)で、密集(みっしゅう)でないひとりで、密接(みっせつ)でない(はな)れて黙々(もくもく)と練習しています。着実(ちゃくじつ)(うで)は上がっています(お手上(てあ)げじゃありませんよ)。

今回は手ごわいですよ、覚悟(かくご)しておきなさい、H.MAKOTO君



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話
  <令和2年>
  
・令和2年8月31日
  ・令和2年7月31日
  ・令和2年6月30日
  ・令和2年5月29日
  ・令和2年4月28日
  ・令和2年3月31日
  ・令和2年2月28日
  ・令和2年1月31日
  <令和元年>
  <平成31年>

  <平成30年>
  <平成29年>

  <平成28年>
  <平成27年>
  <平成26年>
  <平成25年>
  <平成24年>
  <平成23年>
  <平成22年>

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う