?
 
トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
平成28年1月5日の社長訓話です。


 皆さん明けましておめでとうございます。
 早速(さっそく)余談(よだん)ですが、年賀状に「新年あけましておめでとうございます」と書いたのですが、これは(まちが)ってました。「あけましておめでとう」の表現に「新年」の意味が含まれており、意味が重複(じゅうふく)するからです(馬から落ちて落馬(らくば)する。朝の朝礼。()()になって赤面(せきめん)するみたいな)来年から気を付けます。

 昨年は大きな「気づき」があってとても有意義(ゆういぎ)な年でした。気づいて納得(なっとく)しただけでは意味がありません、気づいたら行動に起こさないと何にもなりません、「絵に書いた(もち)」になってしまいます。「気づき」のあとは「ヤル気」です。本気でヤル気にならないとよろしくありません。

 まずは「整理とは捨てること」です。特に私は()める(ほう)なので、これを言うと、(ぼう)女性社員の占部さんから(にら)まれますが、私達の年代は、捨てると勿体(もったい)ないという意識(いしき)がはたらくからです(私のお(ふくろ)は、鼻をかんだチリ紙を捨てないで取って置きます、もう一度使うために)。

 「人生の三分の一は(さが)しものをしている」と云われるように、捨てないで残しているが(ため)に、この捜すという無駄(むだ)な時間を(つい)やしている訳です。去年私は各年度(かくねんど)(ごと)にファイルしていた年賀状を(すべ)て捨てました、(たし)かに残していても二度と読むことはないと思います。

 二番目は「マルチタスク」です。私は62年生きてきましたが、今まで、マルチタスクが出来る人は優秀(ゆうしゅう)な人だと思っていました。「マルチタスクは効率的(こうりつてき)」という(うそ)に気づいたんです。マルチタスクは、一つのことを集中して終わらせる人と比べて、時間はかかるし、出来栄(できば)えは悪いし、ミスはおかすし、判断を(あやま)るし、ストレスまでためる、という悪いことづくめです、(あらた)めなければよろしくありません。

 3番目は「集中」です。人間は同時に二つ以上のことは出来るが、集中することはできません。喫緊(きっきん)(さしせまって、非常に大事なこと)のことに順位を付け、その中の1番目に集中して確実に終わらせる。そのあとに2番目に集中する。突発(とっぱつ)予定外(よていがい)の仕事を(たの)まれたとしたら、「あとにして下さい」と、今やっている仕事を完全に終わるまでお(ことわ)りする(邪魔(じゃま)をしない、させない)。

 最後は「()()り」です。締め切りとは仕事の終わる時間のことです。1日の仕事は定時間(ていじかん)内に終わらせる。毎週水曜日は「ノー残業デー」ですが、これからは、毎週水曜日を「イエス残業デー」とし、それ以外の日は定時で上がる。もうひとつ、早出(はやで)残業(ざんぎょう)6時~7時の1時間で深夜(しんや)手当(てあて)待遇(たいぐう)奨励(しょうれい)する(早出は邪魔する人がいないし、1時間しかないから集中力が高まる)。

 アベノミクスでは、女性に活躍(かつやく)してもらうために、2020年までに女性幹部(かんぶ)30%に増やすと打ち出しました。

 私達肉体(にくたい)労働(ろうどう)の工事会社では、それは無理です。工事は3(さん)(けい)危険(きけん)・きつい・(きたな)い)ですから、口紅(くちべに)()ったり、(つめ)に色を付けている女性には()いてません。バスやダンプカーの運転手、ガードウーマンはいますが、電柱にのぼっている女性は見たことがありません(女性は電柱が苦手なんです。それが証拠に、犬が片足を上げて電柱にオシッコをするのはオスだけです)。

 男女(だんじょ)同権(どうけん)ですが男女(だんじょ)同体(どうたい)ではありません、男女平等でもありません。神様は男の役割と女の役割をはっきりと区別しています。

 旧約(きゅうやく)聖書(せいしょ)では、禁断(きんだん)()()を食べたアダムとイヴに、神様は(ばつ)を与えました。男には働くという罰を、女には出産という罰を。出産の痛みは、鼻からスイカを出すような痛みだそうですが、男には想像(そうぞう)がつきません(神様は女性に、出産の苦痛(くつう)代償(だいしょう)に、全身に性感体(せいかんたい)を授けたそうですが・・・)。

 男の肉体は働いたり、戦ったりするように出来ているんです。

 戦国(せんごく)時代(じだい)でも(いくさ)に出るのは男ばかり、戦争でも徴兵(ちょうへい)強制的(きょうせいてき)兵役(へいえき)(ふく)させること)されるのは男だけです。

 アメリカ潜水艦(せんすいかん)に女性兵士(へいし)の乗り込みが認められました。8ヶ月の航海(こうかい)から帰って来た女性兵士は、お(なか)が大きくなってました。女性は兵隊(へいたい)には不向(ふむ)きみたいです、間違いない。

 女が(かしこ)いのは、戦場で銃弾(じゅうだん)の飛びかう中を、地べたを()いつくばって、泥水(どろみず)をすすりながら戦うより、家で夜なべして手袋(てぶくろ)()んでいた(ほう)が安全だと分かっていたから、おとなしく弱々(よわよわ)しくしていたが、戦争が終わって平和な世の中になると、ぼちぼち頭角(とうかく)(あらわ)してきた。戦後くつ下と女性が強くなったと云われましたが、本当は、女性は強かったけど弱い振りをしていただけです、間違いない。

 生理的(せいりてき)にも男は戦うようにできている。セックスで男は射精(しゃせい)したあとすぐに行動できるが、女は精子(せいし)卵巣(らんそう)着巣(ちゃくそう)するまで動けないで余韻(よいん)を楽しんでいる。「いざ鎌倉(かまくら)咄嗟(とっさ)に出動せよ)」の場合(今は「いざキャバクラ」と云うそうですが)、女は役に立たない。

 男女平等ではない。男と女が平等なら、なんでこんなに男ばっかりが働かされたり、戦いに出たりするんでしょうか?その答えは簡単(かんたん)です、「女の方が、男よりエライからです」。

 乳首(ちくび)はなぜ男にあるか知ってますか?受精(じゅせい)して人間ができて3週間は男と女の性別が決まってないんです。ですから、どちらになってもいいように男にも乳首があるんです。つまり男は女のなり(そこ)ないという訳です、やはり女はエライ。

 男は身体(からだ)の血液の3分の1出血すると死ぬそうですが、女は半分抜けてもまだ生きてる、女はシブトイ。

 平均(へいきん)寿命(じゅみょう)だって、女の方が長いし、一家(いっか)財布(さいふ)も女が(にぎ)っているし、昼間(ひるま)っから家で(ほお)(づえ)ついて、煎餅(せんべい)をバリバリ食べながらテレビを見ることができるのは、男よりエライからに決まっています。男は外に出ると7人の(てき)と戦っていますが、女は7人の友達と井戸の廻りでおしゃべりをしています、やっぱり女はエライ。男が()けた時、最後まで覚えているのが、妻の顔だそうです(男は律義(りちぎ))。女が呆けて認知症になった時、最初に忘れるのが、夫の顔だそうです(女(つめ)たい)。やっぱり男は女には(かな)わない。

 北筑電業は工事会社です。キャバレー北筑なら、女性がお色気(いろけ)を売りにして(かせ)いで、男性がビールを運んだり、オシボリを持っていったりするんですが、工事会社は男性が(かせ)(がしら)です、男はエライ(しんどい)。

 「稼ぎ男の()り女(男が働いて稼いできて、女が家の中を()り繰りする)」と云いますように、男と女の役割(やくわり)分担をはっきりさせ、それぞれの特徴(とくちょう)()かし、互いに立て合い助け合うことです。

 これは差別(さべつ)ではありません分別(ふんべつ)です。間違いない。


 



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編
 <平成30年>
 <平成29年>
 <平成28年>
  ・平成28年12月28日
  ・平成28年11月30日
  ・平成28年10月31日
  
・平成28年9月30日
  
・平成28年8月31日
  
・平成28年7月29日
  
・平成28年6月30日
  
・平成28年5月31日
  
・平成28年3月31日
  
・平成28年2月29日
  
・平成28年1月29日
  
<平成27年>
  
<平成26年>
  
<平成25年>
  
<平成24年>
  
<平成23年>
  
<平成22年>

 
心の散歩道

 
ジョークは地球を救う