?
 
トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
平成26年10月1日の社長訓話です。

 皆さんお早うございます。

 今の時代は、物や情報(じょうほう)氾濫(はんらん)し、価値観(かちかん)多様化(たようか)しているストレス社会です。仕事も複雑(ふくざつ)になる一方です。私たちがすべきことは、仕事は全て“簡潔(かんけつ)明快(めいかい)”に、考え方や行動をもっと「シンプル」にすることです。事を「シンプル」にするためには、何が大事で、何が大事でないのかーその本質(ほんしつ)をつかむための思考力(しこうりょく)(みが)く必要がありますし、自分がどうしたいのか、どうありたいのかーといった「人生(じんせい)(てつ)(がく)」みたいなものを確立(かくりつ)する必要もあります。

 まず、私たちが知らず知らずのうちに背負(せお)ってしまっている「お荷物(にもつ)」の正体(しょうたい)を知ることからスタートします。そして、その「お荷物」をスッと下ろして、もっとシンプルに、もっと効率的(こうりつてき)生産的(せいさんてき)に仕事を進める、時間を使う、物を整理する、人間関係を(きず)くためのさまざまなテクニックを生み出します。

 その先には、もっと充実(じゅうじつ)した仕事、成熟(せいじゅく)した人生が待っています。

 毎日が快適(かいてき)成る  気持ちがポジティブになる  成果(せいか)が上がる  ストレスが減る  健康になる  自分の時間が増える  家族と過ごす時間が増える等々、いいことずくめになる。

 「お荷物」① 完璧(かんぺき)主義(しゅぎ) 「完璧な計画じゃなければ実行に移さない」「すべての情報が(そろ)わないとスタートしない」「何から何まで自分でやらなければ納得(なっとく)できない」などといった、完ぺき主義、独占(どくせん)主義(しゅぎ)百害(ひゃくがい)あって一利(いちり)なしです。バカ(ばか)丁寧(ていねい)」という言葉がありますが、こういう人のことを「完璧主義者」といいます。簡単(かんたん)なメモや口頭(こうとう)報告(ほうこく)するだけでいいのに、きちんと報告書を作ろうとします。相手が(のぞ)んでもいないレベルの仕事をしてしまいます。このバカ丁寧さは、能力(のうりょく)云々(うんぬん)ではなく、性格(せいかく)起因(きいん)するものがあります、だから(こま)るのです、性格はなかなか直せないからです。ただ、性格は直せませんが、「意識」や「考え方」を直すことはできます。「これは、自分の貴重(きちょう)な時間を使ってやるべき価値があるかどうか?」時間をより効率的に使おうとするならば、この意識、考え方を常に持つべきです。

 「お荷物」② いい人  誰からも「いい人」だと思われたい、と考える人がいます。そのために、意に沿()わないことにもついついOKしてしまい、仕事を(かか)()、それで後悔(こうかい)して、ストレスを()()んでしまいます。「いい人」は「自信のなさ」です。まわりに「迎合(げいごう)」ばかりしていると、自分自身を見失(みうしな)ってしまいます。

 「お荷物」③(さき)()ばしグセ  すぐやらないでいつも先延ばし。そして()()りに追われて「やっつけ仕事」。これではいい結果など望むべくもありません。先延ばしをしない、ぐやる、いまやる、さっさとやる。これを心掛(こころが)ければ仕事はもっと楽に、スムーズに回り始めます。

 「お荷物」④過度(かど)不安性(ふあんしょう)心配性(しんぱいしょう)  「心配するとその通りのことが起こり、ケ・セラ・セラでいると何も起こらない」という法則(ほうそく)があります。過度に心配して、「たぶんダメだろうな」「うまくいくはずがない」と考えていたら、その気持ちは正直(しょうじき)にあなたの「態度(たいど)」にでます。誰でも不安や心配はあります。しかし、「()()ぎる」のは禁物(きんもつ)です。度が過ぎると、相手にその不安や心配が伝染(でんせん)するからです。「大丈夫(だいじょうぶ)」「問題ない」「必ずうまくいく」・・・・と、前向きにポジティブに考えるクセをつけることです。

 「お荷物」⑤(どんぶり)勘定(かんじょう)無計画(むけいかく)  確かにものごとは、計画通りに進まないことのほうが多いもの。しかし、だからといって、丼勘定や無計画では、ロス、ミス、ムリ、ムダのオンパレード状態(じょうたい)(まね)きます。計画やスケジュール管理は、失敗を最小限(さいしょうげん)(おさ)える「保険」であり、シンプルかつ最短(さいたん)最速(さいそく)でゴールにたどり着くための「道しるべ」です。

 「お荷物」⑥頑張(がんば)りすぎ  頑張ることは大事ですが、「頑張りすぎ」は禁物です。周囲(しゅうい)の人はこう思っています、「どうして1人でなんでも抱え込んでいるんだろう? もっと回りをうまく使えばいいのに」。こういう状態を「空回(からまわ)り」といいます。空回りするクルマは、いくらガソリンを(そそ)()んでも、決して前に進みません。

 「お荷物(おにもつ)短気(たんき)  状況を正確(せいかく)把握(はあく)してないのに、(あわ)てて結論(けつろん)を出してしまったり、人の話を最後まで聞かず途中(とちゅう)で結論づけたりしてしまう。自分の(いか)りをコントロールできず、爆発(ばくはつ)して、人間関係を(こわ)してしまう。しかも、自分の一方的(いっぽうてき)勘違(かんちがい)いだと判明(はんめい)したりして、後悔の(ねん)(おそ)われたりする。これでは仕事はうまくいきません。だから、「短気は損気(そんき)」といわれるのです。

 『お荷物』⑧不要(ふよう)の物、不急(ふきゅう)の物  まず机の上を見て下さい、次に机の中をチェックして下さい。「不要」な物や「不急」な物で(あふ)れていませんか? 物が増えると、それだけ探すときに手間が掛かります。不要・不急の物は思い切って捨てる。それだけで、あなたの仕事力がグッとアップすること間違いありません。

 「お荷物」⑨過去(かこ)の自分  「過去の成功(せいこう)」に()いしれていると、足をすくわれます。「過去の失敗(しっぱい)」にため息をついていると、卑屈(ひくつ)になります。過去は過去、それ以上でもそれ以下でもありません。「ご()(さん)で願いましては」とシャッフルしなければ、仕事も人生も前に進みません。「いま」「ここ」に集中(しゅうちゅう)する。それこそが「シンプル」のコツです。

 



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編
  <平成30年>
  <平成29年>
  <平成28年>

  <平成27年>
  <平成26年>
  ・平成26年12月26日
  ・平成26年11月30日
  ・平成26年10月31日
  ・平成26年9月30日
  ・平成26年8月29日
  ・平成26年6月30日
  ・平成26年5月30日
  ・平成26年4月30日
  ・平成26年3月31日 
  
平成26年2月28日
  ・平成26年1月31日
  <平成25年>
  <平成24年>
  <平成23年>
  <平成22年>

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う