トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
 平成23年度1月1日の社長訓話です。


  新年明けましておめでとうございます。
 今年の干支(えと)()(うさぎ・兎・ラビット)です。ピョンピョンと()ねる、飛躍(ひやく)するうさぎ年です(ウサピョン)。実際に経済界に()いて、過去60年間の平均株価は、うさぎ年だけが他の年に比べて20%(ほど)高いんです(縁起(※1えんぎ)を担ぐ(をかつぐ)とばかりでもないみたいですよ)。
 ラビットは、一年中発情(※2はつじょう)するので生殖(※3せいしょく)能力が高く、多産(※4たさん)豊穣(※5ほうじょう)繁栄(※はんえい)のシンボルで、バニーガールのような「お色気(※7おいろけ)」のある、女の魅力(みりりょく)象徴(しょうちょう)です。
 うさぎは、前足(まえあし)が短く後足(うしろあし)が長いため、登り坂を()()がるのが得意(とくい)です。「脱兎のごとく(※8だっとのごとく)」勢いがあって、前向きの(のぼ)調子(ちょうし)です。「兎の耳」のように情報を集めるのが上手で、「狡兎三窟(※9こうとさんくつ)」のように慎重(しんちょう)用心(※10ようじん)深く(ぶかい)、「(※11うさぎ)()三年(さんねん)()()りゃぁ(りゃぁ)食いつく(くいつく)」と言われるように、忍耐(にんたい)強く、(やさ)しい動物です。
 今年はいいことずくめの干支ですから、二兎(にと)を追うだけでなく三兎(さんと)をも(ねら)って、トリプルアクセルな~んちゃって、飛躍してみては如何が(※12いかが)でしょうか。
 一週間前になりますが、昨年の忘年会はとても上手(うま)くいったのではないでしょうか。幹事(かんじ)さん達が、十分に構想(※13こうそう)(※14ねる)って、実際にやってみて、あれやこれやと意見を()わし、より良い方へ修正(しゅうせい)して、本番に臨ん(のぞむ)だ結果だと思います(“練習(※15れんしゅう)準備(じゅんび)()(うそ)つかない(つかない)”かな)。皆んなが和気(わき)あいあいと楽しんで、チームごとに競争して、ヒーローは出るが落ちこぼれは出さない、()(つぶ)れて醜態(※16しゅうたい)を見せる人もなく、以外な特技(とくぎ)や思わぬパフォーマンスが見れてとても面白(おもしろ)かったです。
 その前の餅搗(もちつ)き大会も上手くいきましたし、11月の25時間駅伝も上出来(じょうでき)でした。ここ最近、3連続バッチリですね。(あそ)上手(じょうず)は仕事上手と言いますから、仕事も順調にいってるのではないでしょうか?遊びも仕事も創意(※17そうい)工夫(※18くふう)熱意(※19ねつい)が大切です。
 昨年はパワーハラスメントにより、威嚇(※20いかく)、いじめ、差別(さべつ)があり、30年間北筑で(つと)めたベテランが退職しました。私は非常にショックでした、とても残念(ざんねん)でした。今後、中堅(※21ちゅうけん)・ベテランの人が、このような不祥事(※22ふしょうじ)()めることのないように、対策(たいさく)を立てなければいけないと真剣(しんけん)に考えています。()()えれば、反対行動(はんたいこうどう)無視(むし)批判(ひはん)抵抗(ていこう)邪魔(じゃま)撹乱(かくらん))をとる不正分子(※23ふせいぶんし)の人が、今現在も存在(そんざい)しているとすれば、今すぐに見つけ出して、早く転職(てんしょく)してもらいたいと思います。
 そうでないと、また弱い立場の犠牲者(※24ぎせいしゃ)が出ますし、皆んなで何かをやろうとしている時に、その求心力(※25きゅうしんりょく)結束力(※26けっそくりょく)(みだ)すからです。況してや(※27ましてや)中堅・ベテランの人は、部下や若い人達への影響(えいきょう)が大きいから、一人だけの反対行動では済みません。戦国時代に織田信長は、無闇(※28むやみ)殺生(※29せっしょう)はしませんでしたが、この人が一人いなければ、100人、200人という大勢(※30おおぜい)の人達が助かるのであれば、躊躇(※31ちゅうちょ)なくその人を処分(しょぶん)しました。私も同感(どうかん)です。(くさ)ったリンゴは早く()(のぞ)かないと、回りのリンゴも腐ってくるからです。
 “エンゲージメント”という言葉(ことば)があります。社員(しゃいん)職場(しょくば)の「つながり」を意味します。「職場の一体感(いったいかん)」のことです。
 現在は、カリスマ的なトップがいて引っ張って行くとか、一人の個人の力でなんとかなる時代ではないのです。求められるのは、「チーム力」・「現場力」です。そして、それをまとめるリーダーシップ、問題を解決する力を持った「チームリーダー」が主役(しゅやく)となります。
 チームリーダーに一番求められるのは、仕事でもプライベートでも「夢とビジョン」を(かた)るということです。
「うちの職場を将来(しょうらい)こうしたい」
「うちのチームを3年後にはこうしたい」
「我が社を10年後にはこうしたい」
「自分はプライベートでこういうことを実現(じつげん)したい」
「10年後子供と一緒(いっしょ)にこういうことをやりたい」などなど。
 夢は「漠然(※32ばくぜん)とした将来のありたい姿への想い」(七夕(たなばた)短冊(たんざく))です。ビジョンは「夢を実現するために、夢を具体的(ぐたいてき)にカタチにしたもの」です。
 夢というのは、(おも)わなければ実現(じつげん)しません。そして夢を実現するためには、ビジョンが大切です。ビジョンというカタチにすることで夢がさらに見え始め、ビジョンを実行することで夢は実現する。ビジョンとは、夢を実現化させるステップです。
 リーダーの必須(※33ひっす)条件は、「人の役に立ちたい」という強い想いがあり、「~になりたい」、「~なことがしたい」と夢を持ち、いつも部下に夢を語ることです。
 チームリーダーは、いつも夢を追い、ビジョンを語る習慣(しゅうかん)を身に付けることです。夢を語るのはリーダーの責任(せきにん)です。
 リーダーは、部下やメンバーに「あなたは将来、この会社で何をしたいのか」、「あなたは、この会社でどういうビジネスライフを送りたいのか」を問題(もんだい)提起(※34ていき)し、それを仲間と語り合う場所を(もう)けて下さい。それが「サロン」です。
 ビジョンと目標(※35もくひょう)があります。ビジョンをブレークダウンしたのが目標です。目標はノルマに近く、他人から与えられたイメージがありますが、ビジョンは、自分や自分達で設定したという自主性(じしゅせい)主体性(しゅたいせい)の感じがありますから、上からの押しつけではなく、自分達で「主体的に取り組もう」という意欲(いよく)()き出し、前向(まえむ)きな雰囲気(ふんいき)や空気が生まれます。ビジョンとは大きな目標と言えるでしょう。
 「(はたら)くというのは、はた(側)はたの者を(らく)にさせるから側樂(はたらく)」と言います。人間は生きるために働く、つまり、賃金(ちんぎん)()て生活をするために働くのだと考えられがちですが、それでは、仕事は人間に()せられた義務(ぎむ)となり、苦痛(くつう)に感じてしまいかねません。そうではなくて、人間は働くために生きているのだということです。そう考えれば、仕事は生きる目的(もくてき)となり、生きがいにもつながってきます。
 そしてその仕事も、はたはたの者、つまり周囲(しゅうい)の人に楽してもらうための仕事であるということが大切です。人々の役に立ってこそ、仕事を生きがいと感じることもできるでしょう。
 人は誰もが、自分の好きな仕事に()きたいと思っています。好きなことを仕事にしている人は、(しあわ)せだと言えるでしょう。しかし、その仕事が自分に(てき)していなければ、やがてその幸せを失ってしまうこともあります。
 たとえば、スポーツが好きで、プロの世界に入ったけれども、どんなに努力しても結果が残せずに辞めていく人もあります。自分が選んだ道で挫折(※36ざせつ)経験(けいけん)し、その結果として、不本意(※37ふほんい)な人生を歩む人も中にはいます。
 ですから、自分の能力(のうりょく)性格(せいかく)体力(たいりょく)などを(あわ)せ考えることが必要ですが、それでも仕事を選ぶのは(むずか)しいものです。ほとんどの人は、自分に(てき)した仕事が分からないままに、いまの仕事をし続けているというのが本当のところではないでしょうか。
 人間は、自分の能力の範囲内(はんいない)であれば、どんな仕事でも努力(どりょく)次第(しだい)適応(てきおう)できるように(つく)られています。どんな仕事に()くかということよりも、どういう姿勢(しせい)で仕事に(のぞ)むかということが大切ではないでしょうか。
 夢をビジョンにする(※38こころざし)。ビジョンを目標にブレークダウンするスキル(※39すきる)。目標に向かって実行する行動力(こうどうりょく)。実行した結果を分析(※40ぶんせき)し、課題(※41かだい)を見つけ、対話(※42たいわ)をし、解決策(かいけつさく)を考え修正(※43しゅうせい)するシステム。この一連(※44いちれん)のサイクルを()(かえ)すことで、仕事の意味と目的が明確(※45めいかく)になり、部下の意欲(※46いよく)をアップさせることができます。
 これら一連の場をつくり、場を動かし、場に意味をもたせ、場を活性化(かっせいか)するのが、チームリーダーの大切な仕事です。
 夢を語る場。それが「サロン(客間(きゃくま)応接間(おうせつま)社交的(しゃこうてき)な集まりの場所)です。「サロン」で皆んなが夢を語り合いましょう。それでは「北筑サロン」の開店(かいてん)です。

※1 ちょとしたことにも縁起がいいとか悪いとか気にする
※2 さかりがつくこと
※3 生物が自分の種族を保存し増やすこと
※4 子どもやたまごをたくさん産むこと
※5 穀物がゆたかにみのること
※6 さかえ発展すること
※7 女性がかもしだすはなやかな感じ
※8 兔が駆けるように非常に速いことの(たと)
※9 兎が逃げる時に逃げ道を沢山(たくさん)用意しておく事から、危機あって身を守るのがうまいことの例え
※10 じゅうぶんに用心するようす
※11 どんなにおとなしい者でも、度重(たびかさ)なるイジメを受ければ怒り出す、ということ。また忍耐にも限度がある
    ということ
※12 ものをすすめたりするときのことば
※13 表現全体の組み立てを考えること
※14 じゅうぶんにあれこれ考え、工夫(くふう)し、よりよいものにする
※15 練習(準備)を充分(じゅうぶん)に、しっかりしておけば、結果は(おのず)と良い方向へ進む
※16 (はじ)となる、見ぐるしい状態
※17 これまでにない、新しい考え・思いつき
※18 うまい方法はないかと、あれこれ考えること
※19 真剣で熱心な気持ち
※20 おどかすこと
※21 会社で中心となって活動する人
※22 よくないできごと
※23 正しくない行いをする
※24 あることのために、自分のからだやたいせつな物を投げ出した人
※25 人々がある目的のために集まろうとする力
※26 同じ考えの人々が、一つにまとまろうとする力
※27 なおさら
※28 深く考えないでするようす
※29 生き物を殺すこと
※30 多くの人数
※31 しようかやめようか、まようこと
※32 とりとめがなく、ぼんやりとしているようす
※33 どうしても必要なこと
※34 問題などをもち出すこと
※35 到達しようと決めためあて
※36 失敗などして、やる気をなくすこと
※37 自分のほんとうの気持ちとはちがうこと
※38 あることをしようと心にきめたこと
※39 訓練によって身につけた技能
※40 何でそうなったのかを(くわ)しく調べること
※41 解くための問題を与えること
※42 メンバーで話し合うこと
※43 よくない点をなおすこと
※44 ひとつながり
※45 はっきりしてまちがいないこと
※46 ものごとに進んで取り組もうとする気持ち



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編
  <平成30年>
  <平成29年>
  <平成28年>
  <平成27年>
  <平成26年>
  
<平成25年>
  
<平成24年>
  <平成23年>

  平成23年2月28日
  平成23年2月28日
  平成23年1月31日
  
<平成22年>

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う