トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
 平成22年度1月1日の社長訓話です。


  新年明けましておめでとうございます。
 昨年は大きく変革(へんかく)した年でした
(その前の年もそだったのですが・・・)。昨年の漢字が「新」だったように、新政権・新型インフルエンザ・変わらない不況(ふきょう)・若者世代への就職難(しゅうしょくなん)凶悪(きょうあく)な犯罪など激動(げきどう)の年だったと思います。
 一方、我社に関しても、非常にとても、大きく多く変わった年でした。
 去年は牛年でしたから、「私達は(ひたい)(わき)に汗して、(かた)(こし)に張りを感じ、()(あし)筋肉痛(きんにくつう)(おぼ)えるように、骨身(※1ほねみ)を惜しまず(おしまず)、骨を()って、骨を(くだ)いて、コツコツ(骨骨)と働きましょう」と宣言しました、そして(はや)一年が()ちました。
 昨年の四月にライガーステージを打ち出しました。この取り組みは北筑47年の中での大変革(だいへんかく)になると思います。(わたくし)のわたくし(てき)に言えば、「社長生命(せいめい)()けて」、気持ちを強く持って、当初(とうしょ)の意志を変えない(初心(※2しょしん)(わす)るべからず(るべからず))ように、(とき)()つにつれても考えが(※3ゆらぐ)がない((※4のど)元過ぎても(もとすぎれば)(あつ)さを忘れない(さをわすれる))ように、初志を(※5しょしを)貫徹(※6かんてつ)して事に当り、良い結果を出したいと思います。
 何も(さく)を打ち出さなければ、10年後はきっと悪い結果になっていると思います。勿論(もちろん)、答えのない問題を解くのですから、どうなるかという結果は分かりませんが、あらゆることを考え抜いて決断し、自分が(くだ)した決断に、神のごとく信じて(うたが)わず、迷わず(※7ひるむ)まず行動することです。一番悪いのは、失敗を(おそ)れて、慎重(しんちょう)になり()ぎて、何もしないことです(決断は一瞬(いっしゅん)ですが、正しい決断を求めるには、その準備に十分な時間をかけることです)。
 勝負(しょうぶ)は時の運、結果はケセラセラ(なるようになる)。良い結果をイメージしたり、数値目標を立てたりすることは大切ですが、(あま)り勝ち負けに(こだわ)ったり、結果を意識し()ぎたりするといけません。そのために無理をしたり、本当の目的を見失って違う方向に進んだりするからです。結果よりプロセス(過程(※8かてい))が大事です。目的・目標を単純明快(たんじゅんめいかい)にして、全員が一丸(いちがん)となって取り組むと、エネルギー(パワー)が集中されて(パワーアップ)、強い力が生まれ、良い結果を(みちび)くことになります。不断(※9ふだん)の努力を()しまずに、皆んなで力を合わせて頑張ると、(おのず)と結果は付いて来ます(「()せば()る。為せねば成らぬ何事(なにごと)も、成らぬは、人の為さぬなりけり」)。
 今年の行動目標は、単純明快・一点勝負の「思いやり」(ライガーステージ4・思いやり編・底なしの親切&惻隠(そくいん)の情バージョン)です。
 「思いやりは地球を救う。ライガーズテージは北筑を救う。そして、メンタルヘルスは皆さんを応援します。」
 人は、「苦しんでいる人を救いたい」という「人道(思いやり)」の心を誰もが持っている。しかし「人道」を妨げるものが4つある。
 1つ、自分さえ良ければいいという「利己心(りこしん)
 2つ、手助けを必要としている人がいても見向きもしない「無関心(むかんしん)
 3つ、苦しんでいる人を助ける方法に気づかない「認識不足(にんしきぶそく)
 4つ、他人の置かれた状況を想像できない「想像力(そうぞうりょく)欠如(※10けつじょ)」です。
 「思いやり」は「想像力と努力」です、「想像力と努力」は天与(※11てんよ)の才、人生の真髄(※12しんずい)、成功への道です。常に相手の立場を想像し、相手に喜んでもらえるように努力する。
 相手の「感情(かんじょう)()む」(この人はこう思っているのではないかと思う)のではなくて、相手に「感情移入(かんじょういにゅう)」(相手の立場や感情に寄り添い、自分が同じ立場なら、こう感じ、こう思うと共感(きょうかん)すること)することです。共感すると、自と「次はこういう行動をするだろう」と相手の動きが見えてくる。見えたら?(つか)む、?んだら抱きしめる、抱きしめたら(あたた)める、温めたら渡す、渡したら返ってくる....ダカーポ(初めに戻る)。
 今年の干支(えと)は寅年です。「(とら)千里(せんり)()って千里()える」や「虎の子」は、虎が我が子を大事にする、子を思う情愛が(きわ)めて強いことの意味です。我が子を可愛(かわい)がったり、家庭を大切にすることは良いことなのですが、自分のことばかり考えたり、身贔屓(※13みびいき)が強すぎるといただけません。「思いやり」は「内向(うちむ)き」でなく「外向(そとむ)き」でないといけません。
 「獅子(ライオン)は我が子を千尋(※14せんじん)の谷に落とし、()い上がってきた子供を育てる」と言われるように、とても身内に(きび)しく接する姿勢が(うかが)えます(それぐらいしないと、百獣(ひゃくじゅう)の王の跡取(あとと)りにはなれないということでしょう)。
 子供に(やさ)しい虎と我が子に厳しいライオン、両方を足したのが「ライガー」。「ライガー」って理想の親、最高の親、(すご)い、「鬼にマシンガン(鬼に金棒(かなぼう)よりスゴイ)」、「虎に(つばさ)」「獅十六(ししじゅうろく)」(?)、「ライオンにハミガキ」(!)、「タイガーにポット」(!?)、「ライガーステージ万歳(ばんざい)」(!!)。「ライガーステージ」って「ナイフのような(するど)い切れ味と包み込むような温い思いやり」ですね。こいつぁ~、春から縁起(※15えんぎ)がいいや~。ジャン ジャン

※1 苦労をいやがらないで働く 
※2 常に(こころざ)した時の意気込みと謙虚(けんきょ)(ひかえめですなおなこと)さをもって事に当る
※3 心が動いて気がかわる
※4 苦しかったことも、過ぎ去れば全く忘れてしまうことのたとえ
※5 志すところ

※6 (つらぬ)きとおすこと
※7 身がすくむ。おじける
※8 経過したみちすじ
※9 絶え間のないこと
※10 欠けていること
※11 (てん)の与えるもの
※12 その道の奥義(おうぎ)。学芸・武術などの奥深い肝要(かんよう)な事柄
※13 自分に関係のある人を特にひいきすること
※14 山などの非常に高いこと
※15 吉凶(えんぎのよいこととわるいこと)の前兆(ぜんちょう)。きざし



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編
  <平成30年>
  <平成29年>
  <平成28年>
  <平成27年>
  <平成26年>
  <平成25年>
  
<平成24年>
  <平成23年>
  <平成22年>

  平成22年12月28日
  
平成22年12月28日
  平成22年11月30日
  平成22年11月30日
  平成22年10月29日
  
平成22年9月30日
  平成22年8月31日

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う