トップページ 会社概要 ザ・キラリン
〜社長の宝物〜
業務一覧 北筑トピックス お答え隊  お問い合わせ
心の散歩道

 仮設住宅も完成し、いよいよ復興工事が本格的に始まります。
 復興計画・ビジョンをはっきりと決め、意見の違いを無くし、ブレることなく事を進めてもらいたいと思います。


 ■「見えない根」
立派な高層建築が 出来ました
「立派な たてものですね」
と皆が誉めました
 
たてものが立派であればあるほど

その基礎は 頑丈で強固なものです

しかし「立派な基礎ですね」
と誉める人は いないでしょう

 
人はつい 目に見える姿にばかり 気をとられ
土の中 支える基礎のことを 忘れがちです

 
植物に 目を向けてみます
花を支える枝
枝を支える幹

幹を支える根
すべてを支えているのは 見えない根です
そして 土の中の根に 見合っただけしか
幹が伸びたり 枝葉が広がってはいきません

 
見返りや感謝を求めず
人のために尽くす 心遣いとおこない
それが 陰の徳づみとなり
目には見えない土の中の たしかな根となるのです
 
   
花を咲かす 実をつけるためには
人目にふれない 根を広げる努力こそが 大切です
 


 ■「根」

鉢植えの木の元気がなくなりました
鉢から出して白根を切り
根が伸びやすいようにして
元の鉢へ戻してやりました
間もなく元気な双葉が茂ってきました
栄える元は根にあるのです

人間の根は 目に見えぬ心づかいや
人目につかないところでの

陰の行いのようなもの

その根の姿が
目に見える日常の姿とつりあうのです
心づかいや陰のおこないが
我々の今の姿をつくっているのです



 ■「肥やしは根に」
我が子の成長を願い 手をかけ かわいがる
こどもにばかり目がいって
産み育ててくれた親のことまで心が向かない
今 こんな家族が多いような気がします
 
家族を木にたとえるなら
親は根 自分は幹 こどもは枝葉や花のようなもの
いくら枝葉や花に肥料をかけても
かえって花を枯れさせるようなもの
肥料は根に置いてこそ
 
こどもに向ける心を
まず親に向けることです
我が親につくす両親を見て
不足に思うこどもがいるでしょうか
 
根を大事にしてこそ
幹が伸び 花が咲くのです
親を大事にしてこそ
自分が 我が子が 伸び栄えるのです


 ■「目に見えないもの」
今日も家族揃って夕食をいただきました
食卓に並べられた心づくしの料理
家族の間のとりとめない会話
それらは明日への活力を与えてくれます
 
そんなときふと気付きました
料理の味 食べ物の栄養 和やかな会話
それらはすべて人間の目では見えないものです
 
そういえば私たちのまわりには
目に見えないけれども大切なものが
たくさんあるような気がします

 
お日様のぬくもり 空気
木々のにおいや 花の香り
そして
友情や人との信頼関係
家族のきずな
 
目に見える姿ばかりを追い求めがちな私たち
一度 心をすませて
目に見えないものに心を向けてみては・・・
そこから 大きな幸せが見えてくるかもしれませんよ


|Page 2/1|次のページ →

↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編

 心の散歩道
  ・平成23年11月
  ・平成23年10月
  ・平成23年9月
   ・平成23年8月
  ・平成23年2月
  ・平成23年1月
  ・平成22年12月
  ・平成22年11月
  ・平成22年10月
  ・平成22年9月
  ・平成22年8月

 ジョークは地球を救う