トップページ 会社概要 ザ・キラリン
〜社長の宝物〜
業務一覧 北筑トピックス お答え隊  お問い合わせ
心の散歩道

 ■「ウサギと カメ」
イソップ物語に「ウサギとカメ」のお話があります
山のふもとまで競争する事になったウサギとカメ
 

のろのろ進むカメを見て ひと休みするウサギ
目覚めたときには ときすでに遅し
足の遅いカメが勝つという 有名なお話です
 
油断し 自分の力を過信したウサギが
相手を気にせず 目標に向かって進んだカメに負ける
やはり本来の目標をしっかりと見据えることが肝心です
 
ところで 私達が生きていく上での目標とは何でしょうか
それは 互いにたすけあって生きるという事なのです
 
足の速いものも 足の遅いものも
いがみあわず 争わず たすけあいながら
 

相手の良いところを生かし
悪いところを補ってあげて
一緒にその目標に向かって 進んでいくことです
 
眠っているウサギを見たカメが ウサギを起こし
いがみあう事をやめ 互いにたすけ合いながら
手をとりあって 山のふもとに着く
こんな物語はいかがですか


 ■思いやる心
 
身のまわりや 世の中には
 

言い争いや 夫婦げんかは よくあること
何事もこじれてしまうと
その修復は 難しくなってしまいます
 
人と人との 争いごとに とどまらず
人権 民族 国と国との争いは
自らが傷つき 相手をも傷つけて
社会や世界を 混乱に落としいれます
 
その原因は 自分を思うと同様に
相手を思いやる 心の欠如に 他なりません
勝気で 強情で 負けず嫌い
お互いが 突っ張ってみても
何の解決にも なりません
 
相手をいたわり 思いやる心
これこそが すべてがおさまる
心づかいでは ないでしょうか


 ■針と糸
 
雑巾を縫いました
出来上がった雑巾には もちろん針は残っていませんが
針の通った道筋は
糸の縫い目としてちゃんとあとに残ります
 
針がまっすぐに進んでいれば 糸もまっすぐに
針がジグザクに進んでいれば 糸もジグザグに
針の進んだようにしか 糸は残りません
 
親と子にも同じ関係があるのではないでしょうか
親は針 子は糸
針である親の進むように
子は糸の縫い目をつけていきます

 
今まで子供が歩んできた道は
 

実はあなたが歩んできた道
子供に歩んでもらいたい道を
まず 親が歩んでいきましょう



|Page 2/1|次のページ →

↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編

 心の散歩道
  ・平成23年11月
  ・平成23年10月
  ・平成23年9月
  ・平成23年8月

  ・平成23年2月
  ・平成23年1月
  ・平成22年12月
  
・平成22年11月
  ・平成22年10月
  
・平成22年9月
  ・平成22年8月


 ジョークは地球を救う