?
 
トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
平成29年9月1日の社長訓話です。


 皆さんお早うございます。

「働き方改革」の一環(いっかん)時短(じたん)増益(ぞうえき)目指(めざ)して取り組みます。

私たち工事会社は特に(むずか)しい挑戦(ちょうせん)です。工事というのは、人がその現場に行って物を取り付けたり、組み立てたり、据え付けたりする“出前(でまえ)工事(こうじ)”です。製造業と違って、機械化や自動化や連続運転ができないから、付加(ふか)価値(かち)を付けにくい業種(ぎょうしゅ)です。その人の能力と仕事をしている時間で業績(ぎょうせき)が決まります.

つまり、時間と業績は比例しています。ですから、時間を短くして業績を上げることは至難(しなん)(わざ)なのです。 しかし、普通では出来ないこと、他所(よそ)ではやれないことにチャレンジするところに、同業(どうぎょう)他社(たしゃ)との差別化(さべつか)”が生まれて、優位性(ゆういせい)保たれて、(たよ)りになる会社・強い企業に成るのだと思います。

「時短増益」にはもう一つ大きな問題があります。工事会社は時間で給料を払っています。休日出勤や残業は基本給にプラスされて支払われます。そして普通は、そのプラスアルファー(生活(せいかつ)残業(ざんぎょう))を含めた給料で生活が成り立っています。時短に挑戦すると給料が減ることになります、それではやる気が起きません。この問題の解決方法は簡単です、残業を減らした分だけ給料に還元(かんげん)することです。同じ金額をもらうなら働く時間が少ない方がいいに決まっています(もうやるっきゃないでしょう)

工事会社にとって、「時短増益」を成功させる即効(そっこう)(やく)特効(とっこう)(やく)ありません、魔法(まほう)のぬり薬もありません。チームプレーですから、仕組みを作り上げ(環境づくり)、皆んなが一丸となって()れなく全員で)地道(じみち)活動をする(コツコツと続ける)ことです。

目標はただ一つ、「無駄をなくす」ことです。工事原価は工数と経費です、工数は時間、経費は無駄づかいですから、この二つに集中して「ムダを無くすこと」です(本当に工事会社には、これしかない、間違いない!!)。

終業の合図の音楽を流す。16時45分「七つの子(カラスなぜ鳴くの~)」、17時00分「蛍の光」。

 

「プロジェクトZ(残業)~挑戦者たち~」を結成(けっせい)します。

チームは4人~8人。会議は月に1回以上、全員参加(欠席者が出た場合は中止)、定時間内30分以内で立ったまま議論する(発表者は座っていい)。目標値・目標内容を設定する、報告書を随時(ずいじ)提出する。

目標値の難易度(なんいど)をランク付けする(上位からA B C D)。達成度(たっせいど)を評価する(達成率30% 50% 80% 100%)

   達成率

評価

30%

50%

80%

100%

20万

30万

40万

50万

10万

20万

30万

40万

5万

10万

20万

30万

3万

5万

10万

20万

 例








 プロジェクトZに参加した人全員
(幹部は除く)に〔残業しない手当」を支給します。

 4ヶ月単位でプロジェクトZの評価額をチーム全員に均等(きんとう)に配当します。

 社員全員が目の色が変わるほど本気になって考えることです。成果(結果)を上げる工夫(くふう)を社員ひとり一人真剣に取り組むことです(能力のない人は時間を掛けること、考えて 考えて 考えて ちょっと休んで 考える)。

 “働き方改革”は、プロが本気で取り組むことです(素人(しろうと)が何人いてもダメ、プロが適当にやっても駄目)。コンサルティングや専門家が頭で考えても効果はありません(机上(きじょう)空論(くうろん)です)。現場に行かない人・現場を知らない人・現場の経験の少ない人の意見は使い物になりません。ヘッドハンティングも駄目です、(ゆう)資格者(しかくしゃ)経験(けいけん)豊富(ほうふ)な方でも社員の特性(とくせい)を知らないからです(しょう)()んと(ほっ)すればまず馬を射よ)

「3現主義」は一般的には、現場に出向いて、現物に直接触れ、現実を知ることですが、工事会社のそれは違います、現場を見て(空理(くうり)空論(くうろん)でなく、まずは現場に行くこと)、現状を知り(今の状況を分析(ぶんせき)して把握(はあく)する)、現物を揃える(工具と資材がないと工事はできません)ことです、そして実行です。

会議では宿題をだし、その宿題に対して、()ても()めても、飯食ってる時も風呂に入ってる時も考え()くめで、会議で発表する。いい意見を(まと)めてそれを次の会議までの宿題にする提案する、実行する、反省する、改善する、実行する・・・、この繰り返しです。

 

今日は“防災の日”です。9月1日の日付(ひづけ)は大正12年9月1日に発生した「関東大震災」に(ちな)んだもので、8月31日・9月1日は台風の襲来(しゅうらい)多いとされる二百十日にあたり、台風・高潮・津波・地震等の災害についての認識を深め、平時(へいじ)の備えについて確認する日です。

自然などに対して畏怖(いふ)(ねん)(いだ)(おそ)れを感じ神聖(しんせい)なものとして(うやま)謙虚(けんきょ)な気持ちになることが大切です。日本文化の価値観として、自然とは共存していくものという(しぜん)(かん)があります。

 

9月3日は創立記念日です、55周年になります。今回は記念品として「(まくら)」を進呈(しんてい)します。人生の4分の1は寝ていますから、布団(ふとん)や枕、パジャマやネグリジェに(こだわ)りましょう。睡眠(すいみん)の良い悪いは健康に影響を及ぼします。眠りの浅い深いはストレスに関係します。寝起きの快適(かいてき)不快(ふかい)は体調に(かか)わります。

いい睡眠を体感するために、自分に合った枕を提供いたします。

人は寝ているときは、仰向(あおむ)け・右向き・左向き・うつ()せの状態で寝ています。

理想の寝る姿は、直立している状態だそうですから、そのまま横になった状態で寝ればいい訳です。頭の形状、首の凹み方、肩の高さは人それぞれですから、それぞれの部位(ぶい)を計測して、枕の6点に()め物をしてフィットさせます、これであなたのオンリーワン枕の完成です。

人間の体の特性というのがあります、それを上手く利用して付き合うといいですよ。

私は、朝起きたら一番にコップ一杯の水を飲みます。体のメカニズムに、入れたら出すというのがありまして、すぐに便意(べんい)(もよお)して(よう)を足します。これを続けると習慣となって体調がいいです。一日一善、一日一便、人間は入れることより出すことの方が大事みたいです、()()しみはよろしくありません。

睡眠には、レム睡眠(眠りの浅い)とノンレム睡眠(眠りの深い)がありまして、私の場合は(ひと)周期(しゅうき)が90分ですから、90分、3時間、4時間半、6時間、7時間半、9時間になります。起きる時間が決まったら、周期に合うように寝る時間を調整して寝ます。自分で実験して、寝起きの(さわ)やかなレム睡眠の時間を捜して下さい。

風呂上りのとき、夏は熱いシャワーで冬は冷たいシャワーを浴びると、脱衣所(だついじょ)ったとき爽快(そうかい)です。

()(しょう)の方で、布団の中に入っても体が冷えたままで(ぬく)もらない人は、お風呂に入って湯船(ゆぶね)に肩まで()かった状態で、首の後ろの部分を、冷たいタオルで冷やして見てください。風呂から上がって布団の中に入ったら体がほっかほっかしてますよ。このメカニズムは、脳に近い首を冷やすと、脳は体が冷えているから温めるように指示を出します。だから、布団に入っても(あたた)かいみたいです。体の機能(きのう)主人に忠実(ちゅうじつ)で、()くし切ろうと必死(ひっし)です、頭が下がります。この方法は少し詐欺(さぎ)っぽい感じがします、魚釣(さかなつ)りのルアー(擬似(ぎじ)(えさ))のようで心が痛むのですが、まずはお(ため)しあれ。

 

眠れない、やりきれない夜(ヤリキレナイト)を、マイ枕でぐっすり快眠、寝起き爽やか、仕事バリバリ、(きわ)めて健康(いた)って順調   グッド ナイト ベイビー   



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編
  <平成30年>
  <平成29年>
  ・平成29年12月28日
  ・平成29年11月30日
  ・平成29年10月31日
  
・平成29年9月29日
  ・平成29年8月31日
  ・平成29年7月31日
  ・平成29年5月31日
  ・平成29年4月28日
  ・平成29年3月31日

  ・平成29年2月28日

  ・平成29年1月31日
  <平成28年>
  <平成27年>
  <平成26年>
  <平成25年>
  <平成24年>
  <平成23年>
  <平成22年>

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う