?
 
トップページ 会社概要 ザ・キラリン
~社長の宝物~
業務一覧 北筑トピックス お答え隊 お問い合わせ
社長訓話編
平成29年2月1日の社長訓話です。


  今日、「子育て応援宣言企業 6000社大会」というのがありまして、その中の“リレートーク”に出席します。変わった取り組みをしているということで選ばれたみたいです。

 10年以上前に、子育て応援に関するセミナーを受けました。今後は、男性が育児休暇を取るようになっていきますが、それはまだ生ぬるい方で、2007年には団塊(だんかい)の世代(昭和22年~24年生まれ)の人たちが大量に定年になります、2017年には70歳になり介護が必要になります。育児休暇はまだ若い人だからいいけれど、介護休暇に関しては、中堅(ちゅうけん)やベテランの人が対象になりますから、大変なことになります(リーダーや責任者が不在になるからです)。このことが切っ掛けで、準備運動のつもりで、「子育て応援宣言」をして取り組みました(来るべき介護休暇のために)

 技術者は、技術を習得して、鍛錬(たんれん)を積んで(わざ)(みが)いて()()えのない人に成ろうと努力してきましたが、これからは欠けてもいい人に成ろうとしています。工事会社は、10人でやる仕事を8人でするように頑張ってきましたが、今からは10人でやる仕事を12人でするようになります。

 今までやって来たことや、取り組んできたことの()(ぎゃく)をする訳ですから、それは一筋(ひとすじ)(なわ)ではいかないでしょうから、早くから取り掛かっていて良かったと思います。

 子育て応援よりまず(こん)(かつ)奨励(しょうれい)ということで、結婚祝い金10万円(現金)、結婚記念品10万円(品物)を支給します

 子育て応援より子作りハッスルということで、出産祝い金を払います。一子(いっし)5万円、二子(にし)10万円、三子(さんし)20万円、四子(よんし)40万円、五子(ごし)80万円、六子(ろくし)160万円・・・・・。但し、五つ(いつつ)()が生まれた場合は別途(べっと)協議(きょうぎ)する(五子総額で155万円になるから)。

 家族手当を、幼稚園まで8千円、小学生低学年2万円、小学生高学年3万円、中学生4万円、高校生5万円、月当たり支給します。

名前は伏せて置きますが、(ぼう)新日本製鉄の労働組合が提案したのが、家族手当は不公平だということでした。同じ仕事をしていて、会社への貢献度(こうけんど)も変わり無いのに、家族が居るだけで給料に差が付くのは()()しい、会社の利益均等(きんとう)に分配して欲しい、ということです。結局、某会社は家族手当を廃止(はいし)しました(それ言っちゃ~お仕舞いだよ、お兄さん、かな)。

私共は、家族手当は存続して、別に“独身(どくしん)貴族(きぞく)手当”を設けました。これで、うちの労働組合は納得してくれました(うちに労働組合は無いんですが、エアー労働組合が・・・)。

()る時に欲しい 掛かる時に(もら)いたい」んです。

子育てにはお金が掛かるみたいです。よく食べますし、着る物も大きくなるから買い換えなければいけませんし、習い事もあるでしょうし、スポーツクラブにも入りたいし、学費、修学旅行、医療費、生活費、小遣(こづか)い、レジャー、旅行、など等ナド・・・。子どもは手が掛からなくなったら、お金が掛かるようになります。やはり、要るときに貰いたいんです。

逆に、年を取るとお金が掛からなくなります。食べる物は少ないし、お酒の量も減りますし、身体は(ちぢ)みますから服はいらないし、行動範囲は(せば)まるからお金は使わないし、今更(いまさら)習い事をするような元気はないし、夜は早く寝て朝は早く起きて経済的だし(年寄りは何故(なぜ)早く目が()めるか知ってますか、天国からお迎えが来やしないかと、心配だからです)、夜飲みに行くこともありませんし、行っても一次会で終わりです。キャバクラで女の子の機嫌(きげん)を取って話を合わせるのも邪魔(じゃま)くさいし、若い娘に冗談を言っても通じなので説明するのも面倒(めんどう)くさいし、女性を口説(くど)いて口説き落とすまでの過程が(わずら)わしいし気力もない先日、夜遅く家で食事したとき、350mlの缶ビールを2本飲んで寝てしまいました。掛け布団の上で、テレビと電気を()けたまま朝まで寝てました。奥様から怒られました。風邪を引くからなど私の体を気遣うのでなく、電気が勿体ないと・・・。でも、缶ビール2本で酔っ払うなんて、安上がりだと思いませんか・・・、年寄りはエコノミー(コストが安い)なのです、掛からないから要らないんです。

 

家族手当は、高校までを義務教育と考えています。大学になると8千円に戻ります。

どうしても大学に行きたい方には、奨学(しょうがく)(きん)制度(せいど)を考えています。通常奨学金は、働き出したら返さなきゃいけませんが、うちの会社に入ったら、半額は返済(へんさい)免除(めんじょ)にしようかな、と思っちゃったりしたりしています、みたいな。

親の責任は、子供が社会人になるまでです。親の(つと)めは、子供に色んな体験をさせて、その子の適性を見つけて上げることです(その子は何が好きかを捜してあげる)親の責務は、子供に十分な教育を与えて()げることです(何で勉強しなきゃいけないかと云えば、社会に出て何か役に立ちたいと思っても、知識がないと(かな)わないからです)親の使命は、子供が大人になって社会に貢献出来るような人に育てることです(感謝・(つつし)み・(たす)けあい・思いやり・親切・情け・努力)、愛情を持って厳しく(しつけ)けることです(愛の(むち)です、(あめ)と鞭ではありません)

「13歳のハローワーク(著 村上龍)」という本があります。

すべての子どもは大人になって、何らかの仕事で生活の(かて)を得なければいけません。仕事は、私たちに、生活のためのお金と、生きる上で必要な充実感を与えてくれます。お金と充実感、それはひょっとしたら、この世の中でもっとも大事なものかもしれません。できれば嫌いなことをいやいやながらやるよりも、好きで好きでしょうがないことをやる方がいいに決まっています。好きな分野の仕事で生活できればそれにこしたことはないということです。

自分は何が好きか、自分の適性(てきせい)は何か、自分の才能は何に向いているのか、そういったことを考えるための重要な武器が「好奇心(こうきしん)」です。

この本は、今の好奇心を、将来の仕事に結びつけるための、選択肢(せんたくし)が紹介してあります(この世の中には実にいろいろな職業・仕事があることがわかると思います)

13歳という年齢は、大人の世界の入り口当たります。(ちな)みにアメリカでは、12歳までは子どもとしてケアされますが、13歳になると逆にベビーシッターなどのアルバイトを始めるようになります。

子どもは誰でも好奇心を持っています。好奇心は、大人になって一人で生きていくためのスキル(専門的な技術)や、そのための訓練をする上で、非常に重要になります。大人は、子どもの好奇心を()まないようにして、さまざまなものを選択肢として子どもに示すだけでいいと思います。子どもが、好きな学問やスポーツや技術や職業などをできるだけ早い時期に選ぶことができれば、その子どもにはアドバンテージ(有利性)が生まれます。

世の中には2種類の人間・大人しかいないと思います。自分の好きな仕事、自分に向いている仕事で生活の糧を得ている人と、そうではない人のことです。自分に向いた仕事は決して辛いものではありませんし、どんな仕事も、それが自分に向いたものであれば案外面白いものです。

 

まじめ手当(10、000円/月) 社訓は“真面目(まじめ)”です。真面目とは、誰も見てない所でも絶対に手を抜かない」です。

おもいやり手当(10、000円/月) 「人間は強くなくては生きていけない、やさしくなくては生きる資格がない」「人間の価値は思いやりと人の情け」です。

ボランティア手当(1,000円~5,000円) 世のため人のためになる社会貢献をした場合に支給する。消防団、町内会の役員、PTAの役員、町内行事、学校行事、自治会行事、祇園祭り、選挙、ギラヴァンツ応援、ナドなど等.

愛好会(会社4割負担) 映画愛好会、ゴルフ愛好会、ボーリング愛好会、釣り愛好会、スノボー愛好会、カラオケ愛好会、読書愛好会、等ナドなど(キャバクラ愛好会やパチンコ愛好会は却下)。

チャレンジ手当(500円~5,000円) 電気工事士など仕事の資格の取得への挑戦、英語検定や漢字検定などプライベートの挑戦、禁酒・禁煙・ダイエット、塩分控え目・コーヒー断ち・スイーツ断ち、早寝早起き・ジョギング・ウォーキング・犬の散歩、ストレッチ・腕立て伏せ・腹筋運動、猫の世話・花の水やり・部屋の掃除、NADOなどナド。

ブックオン(ブックオフより高く買い取る制度) 本・DVDVHSCDを買い取ります。「文化(ぶんか)(やかた)」に収納して貸し出しますTUTAYAより安く貸し出します)。

私は、子どもの誕生日のプレゼントにジグソーパズルを仕上げて贈ったことがあります。3、000ピースの物を完成するのに半年かかりました。毎日一時間、ある時は徹夜(てつや)をして、日にちが近づいたら連日夜遅くまででした。何百(なんびゃく)時間掛かりましたが充実した時間の過ごし方だったです、子どもも喜んでくれました。

お金の掛からない趣味や遊びを見つけて、挑戦してみては如何(いかが)でしょうか、会社は応援します、おいでませ、「文化の館by北筑」へ。
                                        かしわ

 



↑ 戻る



 プロフィール


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編
  <平成29年>
  ・平成29年2月28日

  ・平成29年1月31日
  <平成28年>
  <平成27年>
  <平成26年>
  <平成25年>
  <平成24年>
  <平成23年>
  <平成22年>

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う