トップページ 会社概要 ザ・キラリン
〜社長の宝物〜
業務一覧 北筑トピックス お答え隊
スマートドクター
お問い合わせ
 プロフィール

 先日(せんじつ)(2012年9月16日 日曜日 午前8時05分〜)、FM福岡の「ベーちゃんのおとな倶楽部(くらぶ) “人生、この一曲”」という番組(ばんぐみ)出演(しゅつえん)しました。
 8月28日にFM福岡のスタジオで録音(ろくおん)しました。いっぱい(しゃべ)ったのですが、時間の関係で(ほと)んどカットされていました(3分の1ぐらいしか放送(ほうそう)されませんでした)。口惜(くちお)しいので、この場をお()りしてノーカット版を発表したいと思います、御精読(ごせいどく)下さい。

音楽が流れる ・ ・ ・ ・ ・ ・ ベーちゃんのおとな倶楽部
ベーちゃん 「人は誰でも思い出の一曲があるはずです  “人生、この一曲” 日本生命の提供(ていきょう)でお
        送りします」
        「今朝(けさ)は、北筑電業 株式会社 代表取締役社長でいらっしゃいます吉良昭二さんにお()
        し(いただきました」
        「お早うございます」
     私  「お早うございます」
ベーちゃん 「よろしくお願いします」
   わたし 「はい」
ベーちゃん 「今、北筑電業 株式会社と言うふうに紹介(しょうかい)させていただきましたけれども、お仕事として
        は、まぁ、我々(われわれ)の身の回りの家電(かでん)などもそうなんでしょうけれども、まぁいわゆる弱電(じゃくでん)から、
        あの電柱(でんちゅう)など強電(きょうでん)まで電気関係一般のお仕事をなさってらっしゃるということなんですね」
     僕  「はい、そうですね」「私共の工事会社は、職人(しょくにん)と技術者(ぎじゅつしゃ)の集団ですから、そのスタッフをい
        かに多く育てるかというのが使命(しめい)です」
        「工事は出前ですから、その現場に(おもむ)いて仕事をします。工場の中で物を作ったり、生産(せいさん)
        したりする製造業(せいぞうぎょう)とは違いますから、機械(きかい)やロボットは(ほと)んど役に立ちません、全て人間の
        手作りです。いつの時代でも、高層(こうそう)ビルの窓を()くのは人間しか出来ません」
ベーちゃん 「会社の仕事としては、電気を(あつか)っていらっしゃいますけれども、社長さんを始め会社として
        は、やはり、人造(ひとづく)りというふうなことが中心(ちゅうしん)になっている訳ですね」
    ぼく 「そうですね」「“企業(きぎょう)は人となり”と言われますけども、“工事会社は技術者(ぎじゅつしゃ)なり”です。
        そして、これを育てるのが全てだと思っています」
ベーちゃん 「そして、それが財産(ざいさん)宝物(たからもの)であるということですね」
     俺  「現場では一人で作業することはありませんから、コミュニケーションが大切です。人間関係
        を重視(じゅうし)してチームワークを良くしなければいけません」
ベーちゃん 「そうですか」
    オレ 「そのチームを(まとめ)めるには、優秀(ゆうしゅう)なリーダーが必要です、リーダー待望論(たいぼうろん)です」
ベーちゅん 「そうなんですね」
   自分   「私共は“ダイバーシティー”、つまり“多様性(たようせい)受容(じゅよう)”を目指しています」
ベーちゃん 「それはどういうこと何ですか」
  じぶん  「多様性(たようせい)というのは、いろんな人たちのことなんです。例えば、高齢者(こうれいしゃ) 若年者(じゃくねんしゃ) 女性
        障害者(しょうがいしゃ) 外国人などの人たちを受け入れて(まと)めることです。いろんな人達のいいところ、得
        意な分野(ぶんや)を引き出して活用(かつよう)する、逆に不得手(ふえて)なところはカバーしてあげて、チームをまとめ
        るんです」
ベーちゃん 「それはすばらしいですね」
    わし 「人間、オールマイティーな人はいませんから。私は優等生(ゆうとうせい)が大嫌いなんです。学力優秀(がくりょくゆうしゅう) 
        スポーツ万能(ばんのう) 品行方正(ひんこうほうせい) 容姿端麗(ようしたんれい) 眉目秀麗(びもくしゅうれい)なんて人は居ないと思いますし、居て欲しく
        ないです」
        「私達凡人(ぼんじん)は、皆んなで力を合わせなければ何も出来ないんです。人は誰でも、これだけは
       他人には負けないというモノを持っています。それを引き出して上げるんです。長所(ちょうしょ)()ばす
       と欠点(けってん)が見えなくなります、イイとこ取りのワルイとこ(かく)しです。これが出来ればリーダー
       合格です」
ベーちゃん 「そうですか、すばらしいリーダーを沢山(たくさん)育てて下さい、楽しみにしています」
       「さて、吉良さんが“人生この一曲”で、ハナ(はじめ)とクレージーキャッツの“スーダラ節”をお
       選びいただきました。植木等(うえきひとし)さんが歌ってらっしゃいますけど、この歌との出会いはいつ頃な
       んですか」
    ワシ 「私が物心(ものごころ)ついた小学校一年生頃に、最初に夢中(むちゅう)になったのが植木等さんでした」
ベーちゃん 「()りと早い時期(じき)ですね、今お(いく)つでらっしゃいますか」
      I 「58歳です」
ベーちゃん 「と言う事は、大分早い時期から植木等さんのスーダラ節をお聞きになってたということです
        ね」
        「あの、先程(さきほど)話しを(うかが)いましたら、“シャボン玉ホリデー”という番組をよくご覧になってい
        たと いうことですよね」
        「お父っつあん、お(かゆ)が出来たよっ、という、あれですね」
    アイ 「ハナ(はじめ)とザ・ピーナッツのですね」
ベーちゃん 「でもあの当時ですね、いわゆる“スーダラ節”というのは、まあ(ぞく)に言うと、ちょっとこうふ
        ざけたような感じのする歌詞(かし)ですよね」
    MY 「後で聞いた話ですけど、植木等さんが“スーダラ節”の楽譜(がくふ)を渡された時、植木等さんは
       結構(けっこう)真面目(まじめ)な人だったので、この曲を歌ったら自分の人生が変わってしまうのでは、と(なや)
       で父親に相談したそうです。植木等さんのお父さんは、浄土真宗(じょうどしんしゅう)大谷派(おおたには)のお寺の住職(じゅうしょく)でし
       て、その回答と言うのが、“わかっちゃいるけど やめられない”というのは、人類の究極(きゅうきょく)
       の真理(しんり)をうたっている、親鸞聖人(しんらんしょうにん)(おし)えに(つう)じている、上出来(じょうでき)だ、頑張って来いと、(さと)され
        て歌うことを決意(けつい)したそうです」
ベーちゃん 「あっ、そういうことがあったんですね、じゃあ、一生懸命(いっしょうけんめい)ふざけてたということですね」
    マイ 「はい、そうですよね」
        「スイスイ スーダラダッタ スラスラスイスイ スイーという、この軽妙(けいみょう)なテンポが、(たま)らなく
        好きでした」
ベーちゃん 「んん、そうですよね、それでよく歌ってもいらっしゃったんですか、お子さんの頃は」
    ME  「そうですね、子供の時もそうですし、大人になってからも、結婚式(けっこんしき)宴会(えんかい)と何十回歌ったこ
        とか、この曲を大分使用させてもらいました」
        「この後に、“人生で大事なことは、タイミングにC調に無責任(むせきにん)”と無責任シリーズが始まり
        ました。その中に“だまって俺について来い”という曲がありました」
       “(ぜに)の無い(やつ)ぁ俺んとこへ来い 俺も無いけど心配するな 見〜ろよ青い〜空白い雲 そ〜
        の内なんとかな〜るだろう〜。わかっとるね わかっとる わかっとる わかったらだまって俺
       について来い”と
       「結局(けっきょく)、何にも問題(もんだい)解決(かいけつ)してはいなくて、無責任(むせきにん)(きわ)まりないんですが、何となく心が(らく)にな
        るんです」
ベーちゃん 「そういうもんなんでしょうね」
    ミイ  「結構(けっこう)世の中、責任取らなきゃいけない方が、言い訳したり、責任(せきにん)転嫁(てんか)をしていることってあ
       りますよね、ただ彼は、前面に私は無責任だと宣言(せんげん)しているんですよね、だけども、やること
       はちゃんとやる、行動力(こうどうりょく)はある、面倒見(めんどうみ)もいいというような、人生で、頭の中で考えてやってい
       ることってそう大したことないですよ、()(かく)行動すると、やってみて、人事(じんじ)()くして、そし
       て天命(てんめい)(くだ)ったとすれば、もう腹を(くく)って責任取るしかないでしょう。(ただ)、責任を取りたくない
       から、頑張るというか、行動してもがくというか、こういう姿勢(しせい)非常(ひじょう)に好きですね」
ベーちゃん 「所謂(いわゆる)、本当の無責任ということだけでは無く、無責任ぽいけれども非常にポジティブな考え
        方がそこにあるということですかね」
    吉良 「そうですね、ポジティブというか、周りが明るく陽気(ようき)になって、そしていい雰囲気(ふんいき)を作ってく
        れる、理想のリーダーだと思います」
ベーちゃん 「そうすると、リーダーの歌だったりする訳ですね」
    きら 「そうですね、軽いけどれも、積極的に、スイスイスイ〜と前へ前へと進んで行く、行動力があ
       って、最後は腹を(くく)って責任を取る、いいですねん〜」
ベーちゃん 「社長訓ですね」
   昭二  「その通りです」
ベーちゃん 「それでは皆さんもご一緒にお聞き下さい、ハナ肇とクレージーキャッツで“スーダラ節”で
       す」

                               曲

ベーちゃん 「吉良さんのテーマ曲とも言える歌を、今改めてお聞きになりましたけど、いかがでしたか」
  しょうじ  「は〜い、一番、二番、三番と、飲む・打つ・買うと、人間の煩悩(ぼんのう)を歌い上げた、そして最後
       に、“わかっちゃいるけど やめられない”と、すばらしい曲に出会って幸せでした」
ベーちゃん 「これからも、お仕事頑張って下さい」「今朝(けさ)はどうもありがとうございました」

追伸(ついしん)
ベーちゃん 「あまりにもテンポがいいので、調子に乗り過ぎることは無いんですか」
 吉良昭二 「その時は“お呼びでない お呼びでないね こりゃまた失礼(しつれい)(いた)しました”」


 プロフィール

  ・プロフィール8
   平成24年10月31日

  ・プロフィール7
    平成23年2月28日

  ・プロフィール6
    平成23年1月31日

  ・プロフィール5
   平成22年12月28日

  ・プロフィール4
   平成22年11月30日

  ・プロフィール3
   平成22年10月29日

  ・プロフィール2
    平成22年9月30日

  
・プロフィール1
    平成22年8月31日


 年賀状コーナー

 試験問題の巻

 社長訓話編

 心の散歩道

 ジョークは地球を救う